検索
  • 修 濱部

■ 第15回 広島スポーツスピリット ■


いつもは施設訪問をさせて頂いてるスピリットですが、今回はちょっと違う形で行わせて頂きました!

世界的にコロナで大変な中、

少年野球チームの保護者の方々から、「子ども達がストレスをためている。外で元気に運動させてほしい」というご要望を頂き、、、

3月29日の14時~観音町のコカ・コーラスタジアムにて、少年野球チームと保護者同伴の上で開催させて頂くことになりました。

全員がマスクを着用し3密と検温、途中で何度ものアルコール除菌と言う入念な健康管理。

更に手洗い、うがいの注意を促した上での野球&ソフトボールの試合です。

今回に限っては、できる限り小規模にということで、元アスリートではなく、広島経済大学の硬式野球部の部員5名にご協力をお願いしました。(監督、コーチもご理解、ご賛同をいただき、派遣して下さいました。)

とても面倒見のいい、爽やかで明るい野球部員達で、子ども達もすぐに仲良くなった様子。

各チームに分かれて一緒に指導やプレーをしてくれました。

ハイタッチなどの接触を禁止せざるを得なかったのがとても残念。。。

参加した子ども達は小学生と中学生。

よく晴れた青空の下、マスク姿ではありましたが、みんな溌剌としたいい笑顔。グランドに響く元気のよい掛け声。

今回は禁止事項も多く、その中で子ども達に楽しい時間を過ごしてもらうしかなかったのですが、プラスもたくさんありました。

こんな機会でしか小学生から大学生までが同じチームで試合することはないと思います。

大学の野球部員も子ども達も非日常の感覚でとても新鮮だったようです。

大学生達は「昔の野球の楽しさを改めて思い出しました」と。子ども達は「大学のお兄さんみたいなプレーができるようになりたい」「いっぱい教えてもらって嬉しかった」と。

保護者の皆様におきましても、休校から自宅待機が続いている今、子ども達への心配が止まない毎日なのだと痛感致しました。

「こんなに楽しそうにイキイキしている姿を見てホッと安心しました」というお言葉をお聞きし、私達もホッと ε-(´∀`; )

最後はみんなでジャンケン大会!

広島カープの菊池選手や小園選手のサインボールやバッティングセンターのチケットをプレゼント。そして全員で記念撮影!

今日と言う日が少しでも子ども達の心に残ってくれたら、こんなに嬉しいことはありません

早くコロナが終息して、当たり前の日常が戻ってくることを心から願わずにいられません。

そしてこれからも、広島スポーツスピリットは子ども達の明るい未来の応援団で在り続けたいと思います!



34回の閲覧

© hiroshima sports spirit